背中ニキビ跡を皮膚科で治す

 

 

 

背中ニキビ跡を皮膚科で治そう

背中ニキビ跡はニキビの症状が進行した状態で、人によって異なるものの、酷い場合は月面のクレーターのようにボコボコとした状態になってしまいます。

 

このような状態を自宅のスキンケアだけで改善するのは非常に難しく、間違ったスキンケアを行うことで更に症状が悪化する可能性も十分にあるので、皮膚科を利用するというのが一つの方法です。

 

美容皮膚科では背中ニキビ跡を治すために専門的な治療が行われておりますし、専門医に相談すれば今後どのようなスキンケアを行っていけば良いのか、きちんと把握することができるでしょう。

 

一般的にどこの美容皮膚科でも取り入れられているのがケミカルピーリングで、古い角質を薬剤の力で取り除くことにより、コメドが排出されやすくなり、殺菌効果によって肌を清潔に保てるようになります。

 

クレータータイプの背中ニキビ跡の改善は少々困難かもしれませんが、色素沈着タイプであれば何回かケミカルピーリングを行うことで綺麗な状態で維持できるのです。

 

ただし、美容皮膚科の専門医から詳しく説明がなされると思われますが、角質は肌のバリア機能そのものであり、乾燥肌や敏感肌の方がこの施術を行うと、バリア機能が低下して他のトラブルが引き起こされるかもしれないので、十分に注意しなければなりません。

 

また、IPLとRFといった光を同時に照射するフォトRFも、背中ニキビ跡の優れた治療方法の一つであり、毛穴を引き締めてハリのある肌を維持できるようになります。

 

なぜ背中ニキビ跡をフォトRFで治せるかというと、表面を冷却しながらIPLとRFを当てることにより、その相乗効果によって真皮まで温度が上昇しやすいようになっているからです。

 

色素沈着の背中ニキビ跡だけではなく、ニキビ自体の炎症を抑えて赤みを解消してくれるので、皮膚科で行われている治療の中でも優れていると説明できます。

 

更に、ダイオードレーザーによる治療も美容皮膚科では行われており、レーザーが皮膚の中に入ることで熱に変わり、その作用によってアクネ菌といったものを殺菌し、炎症を軽減してくれるのです。

 

ダイオードレーザーは背中ニキビ跡にも効き目がある施術となっており、効果を得るためには回数を重ねなければならないものの、綺麗な肌を手に入れられるということは間違いないでしょう。

 

以上のような背中ニキビ跡の治療が皮膚科では行われておりますが、どの施術においてもメリットとデメリットがあるので、事前カウンセリングできちんと医師からの説明を受けてください。

 

 

 

 


「背中ニキビ跡の治し方」についてのページ