背中ニキビ跡をレーザーで治す

 

 

 

背中ニキビ跡をレーザーで治そう

レーザー治療と聞くと、シミやアザといったものを取り除く治療だというイメージが強いかもしれませんが、背中ニキビ跡の治療の一つとして、美容皮膚科やエステサロンで行われております。

 

背中ニキビ跡のシミの濃さや凸凹具合によって治療期間は大きく異なり、場合によっては何度も施術を受けなければならないという方はいらっしゃいますが、自宅で美白化粧水などを使ってケアするよりも大きな効果が期待できるのです。

 

クリニックで行われているレーザー治療は、様々な波長の光を肌の患部に照射し、症状を少しずつ緩和させることができます。

 

「レーザー治療は安全なの?」という疑問を抱える方がいらっしゃるかもしれませんが、使われているレーザーの種類がクリニックによって異なるので一概には説明できないものの、現在では医療の発達によって安全に施術を受けられるようになりました。

 

何度か回数を重ねていけば背中ニキビ跡を薄くすることは十分に可能ですし、専門医に指示された通りにアフターケアを行っていれば、症状が悪化することはほとんどないのです。

 

この治療方法は、通常のニキビに対しても大きな効果を発揮し、レーザーの力によってニキビができる大きな原因であるアクネ菌を殺菌して炎症を和らげてくれます。

 

背中ニキビ跡を改善するには、炭酸ガスレーザーが使用されることが多く、水に吸収されやすいという性質を利用して皮膚組織を蒸発させ、引き起こされた凸凹を平らにして目立たなくさせることができるのです。

 

また、フラクショナルレーザーも背中ニキビ跡の治療として用いられており、同時に炎症性のニキビも改善できるということで、現段階において最強のレーザーであると言えるかもしれません。

 

ニキビの治療として皮膚科では外用薬や塗り薬が処方されることが多いのですが、背中ニキビ跡はそのような薬では改善が難しく、専門的な施術を行っていかなければならないのです。

 

その際に優れているのが、このページでご紹介しているレーザー治療で、1回当たり数万円の費用が掛かってしまうものの、美しい背中を取り戻せたという方は多くいらっしゃいます。

 

特に大きな痛みがないというところも大きなメリットで、レーザーを当てた瞬間にピリっと刺すような痛みを感じるかもしれませんが、我慢できないほどではないです。

 

もちろん、美容皮膚科での治療が全てというわけではなく、自宅で肌が乾燥しないように美白化粧水などで潤いを与えていれば、より早く背中ニキビ跡を治すことができるでしょう。

 

 

 

 


「背中ニキビ跡の治し方」についてのページ