背中ニキビ跡と脱毛

 

 

 

背中ニキビ跡と脱毛について

背中の脱毛を行うと背中ニキビが治るという噂が飛び交っておりますが、これは紛れもない事実であり、既に背中ニキビ跡ができているという方でもクリニックで行われているレーザー脱毛などの処置を受けることができます。

 

背中ニキビに限った話ではないものの、皮脂や汚れが毛穴の中に詰まることでアクネ菌が異常繁殖し、その影響でニキビができるのですが、この毛穴に光を照射することにより死滅して活動しなくなるのです。

 

そのため、脱毛によってムダ毛が生えてこなくなるだけではなく、毛穴が引き締まって背中ニキビに悩まされにくくなります。

 

クリニックで行われている光脱毛はメラニン色素の色に反応するため、黒い背中ニキビ跡があると効果が得られないのではと考える方がいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、光脱毛の高周波は黒い毛に反応するようにできているため、個人の症状によって異なるので一概には言えないものの、背中ニキビ跡のような薄いシミの場合は特に影響がないというわけです。

 

専門医から説明を受けると思われますが、背中ニキビが炎症を引き起こしているという場合、光脱毛を受けられない可能性があるので、きちんと把握しておきましょう。

 

もちろん、脱毛を行ったからといって既に生じているニキビや、背中ニキビ跡が完治するというわけではなく、毛穴は肌に残されたままとなるので、皮脂は今まで通りに分泌されます。

 

しかし、光脱毛で使われるキセノンフラッシュライトが、美容皮膚科で行われているようなフォトフェイシャルの効果、つまり美顔効果も同時に持ち合わせているので、背中ニキビ跡の症状が良くなりやすいのです。

 

レーザー光線よりも穏やかな光となっているため、肌に大きな悪影響が引き起こされることはありませんし、むだ毛処理と肌の修復機能の回復という2つの効果を併せ持つ優れた美容法となっております。

 

女性であれば様々な場所のムダ毛の悩まされることが多いはずなので、自宅で処置を施すのではなく、光脱毛を受けるというのは選択肢の一つかもしれません。

 

特に、肌にニキビができているという場合、カミソリで自己処置を行うと誤ってニキビを傷つけてしまう可能性がありますし、角質を削った際に肌がダメージを受けて背中ニキビ跡となるケースも珍しくないのです。

 

丁寧な脱毛を行っていると自分では思っていても、それが知らず知らずの間に大きな負担となっていることは十分にあり得るので、注意してください。

 

 

 

 


「背中ニキビ跡について」のページ