背中ニキビ跡と色素沈着

 

 

 

背中ニキビ跡と色素沈着について

背中は皆さんが想像している以上に皮脂の分泌が多く、お手入れがしにくいということで一度背中ニキビができると治りにくく、誤ったケアをしていると色素沈着タイプの背中ニキビ跡ができてしまいます。

 

背中ニキビ跡は、凸凹タイプと色素沈着タイプと2種類に大きく分けることがあり、後者の方が治しやすいと言われているものの、症状が悪化した状態であることは間違いないです。

 

通常の背中ニキビであれば、初期症状の白ニキビであれば、自然と治ったというケースは少なくないものの、色素沈着型の背中ニキビ跡が残ってしまったという場合は、直ぐでも美白ケアを行って目立たなくさせなければなりません。

 

この色素沈着は、炎症を引き起こして受けた背中ニキビが茶色や紫色として残ってしまった状態を指しておりますが、それにはヘモグロビンとメラニンの2種類の色素が大きく関係しております。

 

一度は聞いたことがあるかもしれませんが、紫色の色素沈着型の背中ニキビ跡はヘモグロビンが大きく関係しており、真皮の中に存在している毛細血管が破壊されて周囲の組織にしみ込んでしまっているのです。

 

もう一方で、茶色いシミのように見えるという場合はメラニンが大きく関係しており、表皮細胞がダメージを受けるとターンオーバーが間に合わなくなり、古いメラニン色素を排出し切れずに肌に残ってしまいます。

 

どちらの色素沈着タイプだとしても治りにくいということは一緒で、自然と治るケースはほとんどないので、リプロスキンを使ってのケアがおすすめです。

 

「化粧水で背中ニキビ跡を治せるの?」という疑問を抱くかもしれませんが、リプロスキンの中にはたくさんの美容成分が配合されているので、是非試してみてください。

 

 

 

 

さて、色素沈着タイプの背中ニキビ跡は意外と治りにくく、自己ケアでは症状の悪化に繋がるので、美容皮膚科で治療を行うという選択肢があります。

 

ここでは、肌の生まれ変わりを促進させるケミカルピーリングや、色素に反応するAPLという光と高周波を肌に当てるフォトRF、光を直接肌に当てるレーザー治療など様々な方法が行われているのです。

 

どの治療が適しているか個人によって異なるものの、信頼できるクリニックを受診すれば、それぞれの治療のメリットとデメリットをきちんと説明してくれるでしょう。

 

もちろん、自宅でのケアも必要不可欠で、美白化粧水や美容液などを積極的に用いてスキンケアを行ってみてください。

 

 

 

 


「背中ニキビ跡について」のページ