背中ニキビを皮膚科で治す

 

 

 

背中ニキビを皮膚科で治そう

一度できてしまったニキビを綺麗にするのは意外と難しく、特に背中ニキビの場合は自分の目で確認しづらい場所に位置しているため、セルフケアで完治できない可能性があります。

 

そのような方には皮膚科での治療がおすすめとなっており、個人の症状に合わせて色々な背中ニキビの治療方法を紹介してくれるはずです。

 

今までの自己ケアが間違っていたということは十分にあり得ますし、それによって治りにくくなっていることもあるので、皮膚科の専門医の意見を取り入れた方が良いでしょう。

 

そこで、このページでは皮膚科でどのような背中ニキビの治療が行われているのか詳しく説明しているので、是非参考にしてみてください。


外用薬や内服薬の治療

一般的にそこまで背中ニキビの症状が酷くなければ、皮膚科では外用薬や内服薬が処方されます。

 

ニキビ菌を減らし、皮脂の分泌を抑えるような抗生物質や毛穴の炎症を抑えるローション、そして場合によってはビタミンCやビタミンB2といった有効成分が含まれたビタミン剤が処方されることもあるのです。

 

個人によって異なるので一概には説明できないものの、体質改善を図るために、排膿散(ハイノウサン)や清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)といった漢方薬も処方されます。


ケミカルピーリング

スタンダードな皮膚科での背中ニキビの治療として、ケミカルピーリングが挙げられ、グリコール酸やサリチル酸マクロゴールといった薬剤を使用し、古くなった角質を取り除いてくれます。

 

保険が適用されない治療となっているので、大きな費用が掛かりますし、一度のケミカルピーリングで背中ニキビを完全に治せるわけではないものの、肌のターンオーバーを正常に近づけるという効果も期待できるのです。

 

それに、ニキビ跡や毛穴の黒ずみ治療としても適しているので、ありとあらゆる肌トラブルを改善できる施術であると言えるでしょう。


イオン導入

イオン導入は微弱な電流を流すことで美容成分を肌の奥にまで浸透させられる施術で、自宅でもイオン導入器を使えば可能ですが、皮膚科を受診すれば更に大きな効果が期待できます。

 

実際に、イオン導入によって使用される美容成分はビタミンCやビタミンEが挙げられ、背中ニキビを治すとともに肌を保湿したり皮脂分泌を抑制したりといった作用があるのです。

 

ピーリングや角栓除去といった治療と組み合わせることにより、更に大きな効果が期待できるので、皮膚科でイオン導入を受けるのは良いかもしれません。

 

 

 

 


「背中ニキビを病院で治す」についてのページ