背中ニキビの手術

 

 

 

背中ニキビの手術について

「背中ニキビは手術をしなければ治せないの?」という疑問を抱いている方がいらっしゃいますが、決してそんなことはありません。

 

確かに、手術をすれば頑固なニキビ跡でも改善することができますが、症状の軽い背中ニキビであれば、日々のスキンケア方法を見直したり、不規則な生活習慣を改善することにより、症状を和らげることができます。

 

むしろ、手術で一時的な処置を施すよりも、今後背中ニキビが引き起こされないために、どのような処置を施していけば良いのか考えることが大事なのです。

 

それでも、背中ニキビが炎症と化膿を繰り返して酷い状態となったり、クレータータイプのニキビ跡となって消えなくなってしまった場合は、美容皮膚科や美容外科といった病院で、専門的な手術を受けた方が良いでしょう。

 

施術に掛かる料金に関してはクリニックによって異なるものの、基本的には保険外治療となっており、高額な費用が必要となる可能性が高いです。

 

そのため、手術を戸惑ってしまうという方は多くいらっしゃいますが、皮脂を適度に減少させて炎症を抑えるダイオードレーザーや、特殊な仕様を施した光源を肌に照射する近赤外線療法など、背中ニキビに手術は様々となっております。

 

他のページでも説明致しましたが、肌を生まれ変わらせることができるケミカルピーリングも美容皮膚科では行われており、特殊な化学薬品を塗布して肌の上層を溶かしていくのです。

 

この手術で使われる薬剤はクリニックによって異なりますが、酸であることには大きな違いはなく、フルーツ酸やトリクロール酢酸、乳酸などそれぞれ異なった特徴を持ち、個人の症状に合わせて適したものを使ってくれます。

 

レーザーを肌に当てたり、特殊な薬剤を肌に塗るということで、美容外科などで行われている背中ニキビの治療に恐怖を覚えるという方はいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、現代では医療が大きく進歩しており、絶対に副作用が生じないと言い切ることはできないものの、比較的安全に施術を受けることが可能となっております。

 

特に、レーザー治療やケミカルピーリングは施術時間が非常に短いというメリットがあり、患者さんに大きな負担となることは全くないのです。

 

どの背中ニキビの手術を受けるにしても、クリニック選びは重要なポイントの一つとなっており、「術後のケアについて説明があるのか?」「管理は手厚いか?」「口コミでの評判は良いか?」といった項目を事前にチェックしておきましょう。

 

 

 

 


「背中ニキビを病院で治す」についてのページ