背中ニキビとレーザー

 

 

 

背中ニキビとレーザーについて

背中ニキビを美容皮膚科といった医療機関で治す場合、レーザー治療が行われることがあります。

 

美容医療の中でもレーザー治療は注目を浴びており、クリニックによって色々な種類のレーザーが使われているので一概には説明できないものの、背中ニキビを直接的に消す効果が期待できるのです。

 

「大きな副作用があるのでは?」と不安を感じる方がいらっしゃるかもしれませんが、レーザー光線を局所的に利用していき、入院することもなく短時間で背中ニキビの治療が終わるというメリットがあります。

 

治療した傷痕が残らないのにも関わらず、肌の奥深くまで侵食した背中ニキビであっても光のエネルギーが届くので、重度の症状で悩んでいるという方にも効果的な方法かもしれません。

 

そもそも、レーザーとは人工的に作られたエネルギーのことを指し、肌に当てることで体内の水分に反応し、「背中ニキビの炎症をストップさせる」「アクネ菌を殺菌する」「膿を取り除く」「ニキビ跡の凸凹を補正する」という働きが期待できます。

 

1回のレーザー治療で背中ニキビが完璧に治るというわけではなく、1回の照射から数日置いて繰り返し行わなければならないというデメリットがあるものの、色素沈着を引き起こしたニキビ跡にも効き目があるということで、多くの方が利用しているのです。

 

クリニックによってレーザーの種類が異なるので一概には言えませんが、熱作用によってニキビ菌を殺菌してくれる「ダイオードレーザー」、ニキビ跡に効き目がある「フラクショナルレーザー」などが一般的となっております。

 

化膿した背中ニキビの上から光を照射し、小さな穴をあけて炎症を鎮め、背中ニキビが再発しにくい肌へと改善してくれる炭酸ガスレーザーという治療が行われているクリニックもあり、大きな効果が期待できるはずです。

 

以上のように、背中ニキビの治療の一環として、レーザー治療は優れた施術であると言えますが、一つ注意しなければならない点があります。

 

レーザー治療を皮膚科で行う場合は、事前に医師とカウンセリングを行うはずなので、そこまで心配する必要はないものの、レーザーはメラニン色素に反応するため、日焼けした状態で施術を施すと大きな異常が引き起こされてしまうのです。

 

一昔前に、レーザーを使用した事故が多発してからというもの、法整備が進められて安全に施術を受けられるようになったものの、人工的な処置を施すことには変わらないので、病院選びを怠らないようにしてください。

 

 

 

 


「背中ニキビの治療」についてのページ