背中ニキビとピル

 

 

 

背中ニキビとピルについて

背中ニキビは皮膚炎の一つであり、その原因は多岐に渡り、特定することが非常に難しいのですが、その一つとしてホルモンバランスの乱れが挙げられます。

 

女性の場合、生理前に女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンのバランスが変化し、その影響で皮脂の分泌量が増加して背中ニキビが引き起こされる可能性があるのですが、それを治すために低用量ピルが効果的だと考えられているのです。

 

低用量ピルとは、避妊のために開発された薬なのですが、現在では生理を順調にして生理痛といったトラブルを改善し、体調とメンタル面を整えるツールとして活躍しております。

 

低用量ピルには、上記でご説明したエストロゲンとプロゲステロンがバランス良く含まれており、黄体ホルモンの働きを抑制することで背中ニキビの治療に繋がるというわけです。

 

黄体ホルモンが悪い女性ホルモンというわけではないものの、皮脂の分泌量が増す男性ホルモンと似たような働きをするため、それが毛穴の中に詰まって背中ニキビが生じるということはお分かり頂けるでしょう。

 

もちろん、ストレスや食生活の乱れによって背中ニキビが引き起こされることもあり、低用量ピルでホルモンバランスを整えたとしても改善されないということは十分に考えられます。

 

しかし、低用量ピルはホルモンの量が少なく、安全性も確立されているので、心筋梗塞や血栓症といった大きな病気にかかっていなければ、副作用なく服用することができるのです。

 

背中ニキビの治療の一つとして、低用量ピルの服用という方法を選択肢の中に入れるのは良いものの、薬であることには変わりないので、自己判断で使っていると思わぬトラブルが引き起こされることがあるかもしれません。

 

薬で人工的にホルモンバランスを整えるため、元々異常がなかったという場合、低用量ピルの服用によって逆にバランスが崩れ、背中ニキビの症状が悪化することも十分にあり得るのです。

 

ピルの種類は黄体ホルモンの含有量によって第1世代〜第3世代に分類され、素人では自分にどの薬が適しているのか判断できないので、婦人科やニキビケア専門の皮膚科などで専門医の診断を受けて、処方してもらう必要があります。

 

それに、喫煙者がピルを服用すると血栓ができやすくなるため、絶対に服用してはいけませんし、吐き気や便秘といった軽い副作用のリスクがあることは事実です。

 

そのため、背中ニキビを治すためにピルを服用するのであれば、きちんと専門医の指示を受け、用法と用量を守って使うようにしてください。

 

 

 

 


「背中ニキビの治療」についてのページ