カビが原因の背中ニキビ

 

 

 

カビが原因の背中ニキビについて

梅雨や夏になると背中ニキビができやすくなるという方がいらっしゃいますが、このような方は高温多湿を好むカビが原因で引き起こされているかもしれません。

 

汗をかくと背中に赤いブツブツが引き起こされるということで悩んでいる方は多く、大人ニキビを治す市販薬で対処している方はおりますが、それでも背中ニキビが治らない場合はマラセチアと呼ばれるカビが原因の可能性が高いのです。

 

このカビの正式名称は「マラセチアグロボーザ」で、このカビが作るタンパク質が汗の中に溶け出し、皮膚に浸透することで背中ニキビが生じると考えられております。

 

カビが作るタンパク質はごく微量だったとしても、アレルギー反応を引き起こす非常に厄介なもので、アクネ菌が毛穴の中で繁殖するのに対し、これは体毛に付着して増殖しやすいという傾向があるのです。

 

背中にも産毛が生えており、汗によってカビが増殖しやすいポイントであると言えるので、背中ニキビの大きな原因となることはお分かり頂けるでしょう。

 

最近ではクールビズなどで、職場やデパートといった場所のエアコンの温度が高めに設定されており、猛暑日の継続日数が長くなることも原因で、背中に溜まる皮脂の時間が長くなります。

 

そのような影響もあって、カビの一種であるマラセチアグロボーザが繁殖し、背中ニキビのようなボツボツが引き起こされるというわけです。

 

カビの増殖を防ぐためには、身体を清潔に保つというケアが最も大事で、刺激の少ない石鹸やボディーソープを使い、綺麗に保てるように心掛けなければなりません。

 

特に、マラセチアグロボーザは湿度が高いと繁殖を繰り返すという特徴があり、お風呂上りに濡れ髪のまま放置している方は少なくありませんが、これは持っての他です。

 

自然乾燥に任せているという方は多いものの、カビが繁殖する大きな原因となり、背中のブツブツも悪化する可能性が高いので、肌や髪の毛の水分をしっかりと拭き取るようにしましょう。

 

ただし、普通の背中ニキビであれば症状が軽ければ自然と治るケースはあるものの、カビが原因で引き起こされるマラセチア毛包炎は、自然治癒が難しいと言われております。

 

正しいスキンケアを行い、生活習慣にも注意しているのにも関わらず、症状が全く良くならないという場合は、背中ニキビとは少々異なった皮膚炎かもしれないので、皮膚科といった病院へ行って、専門医の診断を受けるようにしてください。

 

 

 

 


「アレルギーが原因の背中ニキビ」についてのページ