背中ニキビと老廃物

 

 

 

背中ニキビと老廃物について

肩こりといった症状で身体全体のリンパの流れが悪くなっていると、血液の循環も悪くなって老廃物が身体の中に溜まるようになります。

 

老廃物は身体にとって不必要なものであり、正常にリンパが流れないことで背中にも老廃物が溜まり、だんだんと背中ニキビが引き起こされるようになってしまうのです。

 

そもそも、リンパとは人間の血液の中を通っているのではなく、リンパ管と呼ばれる身体中を張り巡っている管を通って腎臓にいき、尿や汗として体外に不必要なものを放出します。

 

しかし、血行不良によって肩こりが引き起こされていると、正常にリンパが流れないので、背中ニキビといった肌トラブルの大きな原因となるわけです。

 

老廃物は身体に必要のないものですし、それが体内に長く残されているということで、悪影響が引き起こされるという仕組みはお分かり頂けるでしょう。

 

背中ニキビは、一般的に新陳代謝が衰えて古くなった角質や皮脂が皮膚に残留し、それが毛穴の中に詰めることで生じます。

 

そのような状態となると、皮脂は毛穴の中で黄白色の塊となり、外気に触れることで黒く変色し、アクネ菌が繁殖して炎症が引き起こされてしまうのです。

 

しかし、全く関係性がないと感じる肩こりでも、背中ニキビの原因となっていることを頭に入れておかなければなりません。

 

老廃物の溜まりによって生じた背中ニキビであったとしても、このサイトでご紹介しているジュエルレインで改善は可能となっております。

 

既に炎症を引き起こした背中ニキビのケアでも使えるジェルで、少しずつ健やかな状態で肌を保てるようになることは間違いないので、是非ジュエルレインを試してみてください。

 

 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 

さて、肩こりが引き起こされている方は、その部分が乾燥しているという特徴があり、この乾燥肌が原因で背中ニキビが生じているという可能性も十分にあり得ます。

 

確かに、脂ギッシュで皮脂が過剰に分泌されたような状態の方が、それが毛穴の中に詰まって背中ニキビができやすいのですが、乾燥による影響も少なからずあるというのは紛れもない事実です。

 

肌がカサカサしたような状態がベストであるはずがなく、背中ニキビ以外にも肌トラブルを招いてしまうことがるので、しっかりと保湿を行って潤いを与えてあげなければならないと言えるでしょう。

 

肩こりは治りにくい症状の一つとなっておりますが、筋肉を動かしたりマッサージを定期的に行って血液の循環を促していれば、リンパの流れが良くなって老廃物が溜まることはなくなるはずです。

 

 

 

 


「アレルギーが原因の背中ニキビ」についてのページ