背中ニキビと生理

 

 

 

背中ニキビと生理について

生理前に背中ニキビが引き起こされることが多いと感じている女性は多くいらっしゃるかもしれませんが、これは女性ホルモンのバランスが崩れ、皮脂の分泌量が増加する傾向にあるからです。

 

人によって違いが生じているので一概には言えませんが、生理前は女性ホルモンの一つであるプロゲステロンが優位になり、これは男性ホルモンと似たような働きをします。

 

つまり、男性ホルモンが増えると皮脂量が増え、その働きと似ているプロゲステロンが生理前に増えるため、背中ニキビが引き起こされやすくなるというわけです。

 

とは言え、生理前に背中ニキビができやすい方が、黄体ホルモンであるプロゲステロンの量が普通の人よりも多いというわけではありません。

 

背中ニキビは女性ホルモンによる影響だけではなく、その他複数の原因が関与していることが多いので、生理前10人の女性がいれば10通りの対処法があるというわけです。

 

生理前に引き起こされる背中ニキビは、ホルモンバランスの乱れによるものなので、完全に回避するのは困難なのですが、だからと言って何もケアを行わないと症状の悪化に繋がります。

 

あまりにも生理前の症状が酷いという女性は、皮膚科で薬を処方してもらったり、漢方薬を飲んだりしてケアを行った方が良いでしょう。

 

また、このサイトでご紹介しているジュエルレインの使用も効果的で、生理前のデリケートな状態の方でも安心して使えるというメリットがあります。

 

背中ニキビを治す化粧品として非常に優れているので、是非一度ジュエルレインを使ってみてください。

 

 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 

さて、生理前から生理が始まる期間に掛けては皮脂の分泌量が増すという特徴があるため、背中ニキビといった肌トラブルが引き起こされやすくなります。

 

しかし、生理2日目辺りからプロゲステロンの代わりに、もう一つの女性ホルモンであるエストロゲンが優位になり、徐々に皮脂量も安定するため、背中ニキビの症状は治まってくるはずです。

 

そして、生理が始まってから7日目〜14日目辺りは、美肌を作る女性ホルモンのエストロゲンが最も上昇するため、肌のコンディションが良い時期であると言えるでしょう。

 

この流れは女性特有のサイクルであり、何か特別な対処をする必要はなく、ごく普通の背中ニキビケアを行っていれば症状の悪化を防げるはずです。

 

「生理が始まる2週間前辺りから小まめに洗顔を行う」「ストレスや睡眠不足といった生活習慣に注意する」「背中を清潔に保つ」という点に注意して生活を送ってみてください。

 

 

 

 


「アレルギーが原因の背中ニキビ」についてのページ