背中ニキビとステロイド

 

 

 

背中ニキビとステロイドについて

アトピー性皮膚炎の治療などで、ステロイドを服用している方はいらっしゃいますが、これが原因で背中ニキビが生じることもあるので注意が必要です。

 

ステロイド剤とは副腎皮質ホルモンのことを指し、炎症を鎮めたり免疫を抑制するという効果があるものの、良い評判があれば悪い評判もあります。

 

専門医の指示によってステロイド剤を服用するのであればまだしも、市販で販売されている製品を勝手な判断で使うと、この薬剤が原因で引き起こされるステロイドニキビが生じてしまうのです。

 

一口にステロイド剤と言っても強い薬から弱い薬まで様々となっており、使い方によってもステロイドニキビが引き起こされるかどうか異なりますが、一般的に服用してから数週間程度で発症すると言われております。

 

そして、3週間から5週間の間に急激に症状が進行するという傾向があり、背中部分だけではなく、胸や肩といった部位にも引き起こされる可能性があるので注意しなければなりません。

 

現在引き起こされている背中ニキビがステロイド剤による影響であれば、服用を止めることで改善できますし、このサイトでご紹介しているジュエルレインでも症状を和らげることは十分に可能です。

 

ジュエルレインは使い心地が良いと評判の美容ジェルとなっており、肌に低刺激のコラーゲンやヒアルロン酸といった有効成分がたっぷりと配合されているので、ステロイド剤で症状が悪化してしまった場合は使ってみてください。

 

 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 

さて、背中ニキビを治すためにステロイド剤の使用を考えている方がいらっしゃるかもしれませんが、そもそもこの薬はアトピー性皮膚炎の治療に使われる抗生物質なのです。

 

アトピー性皮膚炎も背中ニキビも同じ肌トラブルなので、治療方法が一緒だと考えている方がおりますが、全く別物であるということを心得ておかなければなりません。

 

どちらの症状もかゆみが引き起こされるので酷似していることは間違いないものの、アトピー性皮膚炎が生じている箇所に、ニキビ治療薬であるイオウ系の製品を付けると乾燥が増して症状が悪化します。

 

逆に、背中ニキビにステロイド剤を使用すると症状が悪化するので、この2つが全く別の治癒方法であることがお分かり頂けるでしょう。

 

以上のように、自己判断で治療を行うと、思わぬトラブルが引き起こされる可能性があるので、不安な方は一度専門医の診断を受けるべきです。そして、今後どのような対処をしていけば良いのか、尋ねてみてください。

 

 

 

 


「アレルギーが原因の背中ニキビ」についてのページ