服が原因の背中ニキビ

 

 

 

服が原因の背中ニキビについて

背中ニキビは基本的に皮脂が毛穴に詰まったり、積み重なるストレスによって生じると言われておりますが、着ている服が原因で症状が悪化することがあります。

 

背中は服を着ている状態ですと風通しが非常に悪く、服の繊維との摩擦もあって肌が刺激を受け、背中ニキビの症状が悪化するという仕組みです。

 

それに、背中は他の部位と比べて汗をかきやすいという特徴があり、服を着ている状態では細菌や病原菌が繁殖しやすいので、症状の悪化に繋がるとも言われております。

 

特に寝ている時は背中に汗をかきやすく、パジャマの繊維や布団との摩擦が原因で大きな刺激を受けることが多いので、背中ニキビは治りにくいと言われているのかもしれません。

 

背中を清潔に保つというケアも欠かせませんが、服が原因で症状の悪化に繋がっている可能性も十分にあるため、一度自分が着ている服の繊維をチェックしてみるべきです。

 

一般的に、化学繊維でできている服を着ていると背中ニキビの発生率がアップすると考えられているので、汗を良く吸い込み通気性も優れている綿100%の服を着るように心掛けた方が良いでしょう。

 

女性の方の多くは、ビジュアルや見た目で服を選ぶことが多いかもしれませんが、背中ニキビが治らないのであれば、服の材質にも気を配る必要があります。

 

しかし、いくら服の繊維に気を遣っていたとしても、汗をかきっぱなしで放置していては症状が悪化する大きな原因となるので、外出先で汗をかいたら小まめに拭き取るという念入りなケアが大切です。

 

既に背中ニキビができているという方は、このような予防ケアでは改善できないかもしれないので、このサイトでご紹介しているジュエルレインをおすすめします。

 

朝と晩の2回のケアだけで背中ニキビを治し、肌の潤いを保ってくれる美容ジェルなので、一度ジュエルレインを使ってみてください。

 

 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 

さて、服が原因で背中ニキビが引き起こされているという方は実際にいらっしゃるので、外出先で着る服だけではなく、自宅で着用するパジャマなどの素材にも気を配る必要があります。

 

また、夏場は背中に良く汗をかくということで、普段よりも念入りに洗っているという方はいらっしゃるでしょうが、意外と濯ぎが怠りがちになる傾向があるので注意しなければなりません。

 

ボディソープの洗い残しだけではなく、シャンプー剤やリンス剤といったヘアケア剤が背中に残されていることが原因でニキビが生じることも十分にあり得るので、お風呂を上がる前にしっかりと洗い流す習慣を身に付けなければならないのです。

 

 

 

 


「服が原因の背中ニキビ」についてのページ