背中ニキビとパジャマ

 

 

 

背中ニキビとパジャマについて

寝る時に身に付けるパジャマですが、毎日新しい清潔なものを使っているでしょうか。

 

外出時に着る服や下着は毎日取り替えているという方でも、パジャマは一定期間同じものを着用していることが多く、その汚れが原因で背中ニキビが引き起こされることがあるのです。

 

特に大量に水分を摂取していないとしても、私たちは就寝中に大量に汗をかくという特徴があり、着ているパジャマにも汗がしみ込みます。

 

つまり、毎日同じパジャマを着用しているということは、寝ている際に分泌された汗が背中部分と接触していることとなり、細菌や雑菌が繁殖しやすくなって背中ニキビが生じるというわけです。

 

いくら肌を清潔に保つために念入りに洗い、化粧水などで保湿を行っていたとしても、着るパジャマが汚れていては全く意味がありません。

 

「部屋着は同じもので良い」と考えている方はいらっしゃいますが、背中部分を清潔な状態で保つためにも、毎日新しいものに取り替えた方が良いということはお分かり頂けるはずです。

 

また、パジャマに使われている素材も背中ニキビと深い関係性があり、私服で良く使われているポリエステルやナイロンといった素材は、汗をあまり吸い取ってくれないという性質があるので、パジャマには適していないと言えるでしょう。

 

汗で背中が汚れていては、背中ニキビが引き起こされるリスクが増すだけではなく、快適な睡眠が阻害されるというデメリットがあります。

 

そのため、寝る時に着用するパジャマやインナーは、汗をしっかりと吸い取ってくれる素材のものを使った方が良いのです。

 

背中ニキビができていれば、肌触りの良いパジャマを選ぶのも大きなポイントで、その素材としてシルクや綿が挙げられます。

 

シルクは天然素材であり、ツルツルとした肌触りなので背中ニキビができている方が着用するパジャマとして適しておりますが、汗を吸収しにくいという大きなデメリットがあるのです。

 

汗や皮脂の吸収力が悪いと、睡眠中に汚れが残って背中ニキビの症状が悪化しやすいので、汗をきちんと吸い取り尚且つ保湿効果も兼ね備えている綿100%の素材で作られているパジャマが適しております。

 

通気性も良いところも大きな特徴で、肌細胞が生まれ変わる睡眠中に化学繊維で通気を悪くしていると、肌の生まれ変わりのサイクルが乱れてしまうかもしれません。

 

そのため、背中ニキビを予防するという意味でも、綿100%のパジャマやインナーを着用して眠るように心掛けてください。

 

 

 

 


「服が原因の背中ニキビ」についてのページ