背中ニキビと柔軟剤

 

 

 

背中ニキビと柔軟剤について

洗濯を行う際に衣類に柔軟性を与えるためや、帯電防止のために柔軟剤を使っているという方は多くいらっしゃいますが、これが肌に合わなくて背中ニキビの原因になっていることがあります。

 

背中は常に衣服と接しており、洗濯洗剤や柔軟剤が肌に合わないことで、悪影響が引き起こされるということはお分かり頂けるでしょう。

 

柔軟剤の種類にもよって異なるので一概には説明できませんが、スーパーやドラッグストアで販売されている柔軟剤は、石油系の成分が配合されていることが多く、その成分が原因で背中ニキビが引き起こされてしまうのです。

 

「きちんとスキンケアを行っている」「不規則な生活にならないように注意している」というのにも関わらず背中ニキビが治らないという場合は、柔軟剤に原因があるのではないかと疑った方が良いかもしれません。

 

顔が柔軟剤の影響を受けるということはほとんどありませんが、背中やデコルテ部分は衣服と接することが多いので、肌トラブルとして表れやすい箇所であると説明できます。

 

柔軟剤の主成分は陽イオン界面活性剤となっており、アニオン界面活性剤と比べると洗浄力は弱いものの、この成分にはタンパク質変性作用があるため、背中ニキビといった肌荒れが引き起こされやすいのです。

 

それに、洗濯洗剤よりも柔軟剤の方が肌に残りやすいという点でも、背中ニキビの大きな原因となることがお分かり頂けると思います。

 

既に背中ニキビができているという方は、柔軟剤の使用を止めたところで治るというわけではないので、このサイトでご紹介しているジュエルレインがおすすめです。

 

ありとあらゆる原因で引き起こされた背中ニキビに対し、ジュエルレインは大きな効果を発揮し、健やかな状態で維持できるようになるので、困っているという方は一度使ってみてください。

 

 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 

さて、実際に柔軟剤の使用を止めたことにより、背中ニキビが治ったという方は多く、症状の悪化に悩まされているのであれば、使わないという対処を行った方が良いです。

 

背中ニキビの原因は人によって様々で、必ずしも柔軟剤の影響によるものではないかもしれませんが、一つずつ原因となるべき点を改善していく必要があります。

 

自分の肌に合わない柔軟剤が見つからないというのであれば、使用を止めるのは選択肢の一つなのです。

 

現在では無添加の柔軟剤は多く販売されており、デリケートな赤ちゃんの肌でも使える製品は幾らでもあるので、きちんと全成分をチェックして柔軟剤を選ぶようにしてください。

 

 

 

 


「化粧品が原因の背中ニキビ」についてのページ