洗いすぎが原因の背中ニキビ

 

 

 

洗いすぎが原因の背中ニキビについて

一昔前までは、「洗顔をたくさん行って肌の汚れを落とそう」「身体を念入りに洗って清潔に保とう」という風潮がありましたが、洗いすぎが原因で背中ニキビが引き起こされている可能性は十分にあります。

 

確かに、皮脂の過剰分泌や汚れが背中ニキビの原因となっているケースは多いので、それを取り除くということは重要な要素の一つです。

 

しかし、だからと言って肌を洗いすぎると必要以上に皮脂を取り除いてしまい。悲惨な結果を招いてしまうので十分に注意しなければなりません。

 

女性の方は特に肌に残される皮脂を嫌がる傾向にありますが、実は薄い膜状に広がって肌を保湿したり、肌を弱酸性に保って細菌や病原菌の繁殖を防いだりする効果が期待できます。

 

肌にとって必要なものであることは間違いなく、背中ニキビを予防するには皮脂と水分がバランス良く保たれている状態を維持しなければならないので、身体の洗いすぎがいけないというわけです。

 

洗いすぎることによって皮膚が乾燥し、このような状態を維持していると皮脂腺は足りない皮脂を補おうと更に分泌する傾向にあるので、洗浄と乾燥の負のスパイラルがいつまでも続いてしまいます。

 

そこで、洗いすぎないように適度な洗浄を行い、お風呂上りに肌の保湿を心掛けるというケアが、背中ニキビを治すために大事です。

 

当サイトでは、背中ニキビを治し、同時に肌を保湿してくれるジュエルレインを中心にご紹介しております。

 

ジュエルレインには、肌を保湿するためのヒアルロン酸やコラーゲンといった有効成分がたっぷりと含まれているので、是非一度使ってみてください。

 

 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 

さて、洗いすぎが背中ニキビの原因となることは上記で説明致しましたが、洗い方も十分に注意しなければなりません。

 

背中の汚れを落とそうと考え、スポンジでゴシゴシと力を入れて擦っている方がおりますが、このような洗い方を長期的に行っていると肌が傷ついて様々なトラブルが引き起こされてしまいます。

 

確かに、背中ニキビを予防するためにも汚れは取り除かなければなりませんが、きちんとボディソープなどを泡立て、肌の上で転がすような感覚で洗わなければならないのです。

 

背中は洗いにくいポイントの一つであり、手が届かないということでボディーブラシを使っている方は多いのですが、その際も刺激が加わらないように優しく洗浄していきます。

 

ボディソープの種類も重要なポイントの一つで、刺激的な成分が配合されていると、それだけで背中ニキビの原因となるため、無添加の製品を使うようにしてください。

 

 

 

 


「日常生活が原因の背中ニキビ」についてのページ