ホルモンが原因の背中ニキビ

 

 

 

ホルモンが原因の背中ニキビについて

ホルモンとは身体の中で分泌される生理活性物質のことを指し、私たちが生きていくためには欠かせない存在なのですが、このホルモンが原因で背中ニキビが生じることがあります。

 

特に肌と関係性があるのは男性ホルモンと女性ホルモンで、男女関係なく身体の中に存在している物質なのです。

 

もちろん、女性の身体でも男性ホルモンが分泌されており、思春期は皮脂を分泌する働きを助ける男性ホルモンの量が多くなることが原因で、皮膚が脂っぽくなって背中ニキビが引き起こされます。

 

実際に思春期の約8割の方が背中ニキビや顔のニキビに悩まされているというデータがあり、どの部位に生じるかは個人差があるものの、ホルモンバランスが大きく崩れることが大きな原因であると言えるでしょう。

 

また、女性ホルモンも背中ニキビと大きな関係性があり、普段は美しい肌を保てているという方でも、生理前や妊娠中に肌トラブルが引き起こされやすくなるという方がいらっしゃいます。

 

これは男性ホルモンと似た働きをするプロゲステロンという黄体ホルモンの分泌量が増すことが大きな原因で、美肌を作るエストロゲンの働きが低下することで背中ニキビが生じやすくなるのです。

 

適度に身体を洗って清潔に保ち、肌の保湿を重点的に行っていれば、生理が終わる頃には元の肌に戻るかもしれませんが、ここでのケアを間違えると背中ニキビの悪化に繋がるかもしれません。

 

そこで、このサイトでご紹介しているジュエルレインの使用が効果的となっており、プルプルで弾力のある赤ちゃんのような肌を維持できるようになるので、是非一度試してみてください。

 

 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 

さて、思春期にホルモンバランスが乱れて背中ニキビや顔のニキビができやすくなるのは仕方がないものの、大人ニキビの大きな原因はストレスです。

 

肉体的ストレスや精神的ストレスを受けると、私たちの身体からは副腎皮質ホルモンが分泌され、ホルモンバランスに乱れが生じることが原因で背中ニキビができやすくなります。

 

そのため、ホルモンバランスを整えるためにも、ストレスの解消は必要不可欠で、半身浴を行ったり、自分のペースに合わせた運動を行ったりして、リフレッシュするようにしましょう。

 

女性の場合、生理前や妊娠中に女性ホルモンのバランスが乱れるのは正常な現象であり、自分ではどうにもできないものの、この時期は肌が敏感になっているケースが多いので、普段よりも注意してスキンケアを行ってみてください。

 

 

 

 


「日常生活が原因の背中ニキビ」についてのページ