背中ニキビと男性ホルモン

 

 

 

背中ニキビと男性ホルモンについて

背中ニキビは男性ホルモンと大きな関わりがあり、男性だけではなく女性の身体の中にも男性ホルモンがあるのですが、このバランスが乱れることで背中ニキビの大きな原因となります。

 

男性ホルモンは皮脂の分泌を活発にするという特徴があり、その過剰に分泌された皮脂が毛穴の中に詰まることで、背中ニキビが引き起こされるのです。

 

男性であれば男性ホルモンの量が多いですし、女性であれば女性ホルモンの量が多いものの、男女関係なく身体から分泌されるため、性別に関係なく背中ニキビは生じると考えることができるでしょう。

 

条件だけを考えれば女性よりも男性の方が背中ニキビに悩まされやすいと説明できるものの、女性であってもホルモンのバランスが崩れると自律神経に乱れが生じて、肌荒れが引き起こされる可能性があるので注意が必要です。

 

男性ホルモンのバランスが崩れる要因は一つではなく、色々な原因が考えられますが、ストレスによる影響が大きいと言われております。

 

ストレスは自律神経に大きな悪影響を及ぼし、ホルモンバランスが乱れることで女性でもヒゲが生えたり生理が止まったりといったトラブルが生じ、そこまで重度のものではなくても背中ニキビができてしまうのです。

 

そのため、男性ホルモンのバランスを整えるためにも、ストレスを溜め込まないように定期的に発散させなければなりませんが、既に背中ニキビができているという場合は、ジュエルレインによるスキンケアがおすすめとなっております。

 

ジュエルレインは、背中ニキビやデコルテニキビ専用のジェルとなっており、ニキビを治して健やかな肌を維持できるようになるので、是非一度使用してみてください。

 

 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 

さて、男性ホルモンが背中ニキビの大きな原因となるということで、病院で男性ホルモンの量を測る検査を行っている方はいらっしゃいますが、現実的に急に分泌量が増えるということはありません。

 

背中ニキビの原因の一つであることには変わりありませんが、男性ホルモンの量が増えるというよりも、ホルモンバランスに乱れが生じたことで引き起こされたと考えるのが一般的です。

 

また、女性の場合、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの乱れにより、背中ニキビが引き起こされることがあります。

 

それだけではなく、月経時の経血過多による貧血や、情緒不安定といった症状が生じることもあるので、少しでも身体に異常を感じたら、婦人科を受診して症状を診てもらった方が良いでしょう。

 

 

 

 


「日常生活が原因の背中ニキビ」についてのページ