背中ニキビと寝不足

 

 

 

背中ニキビと寝不足について

背中ニキビと寝不足はあまり関係性がないと思うかもしれませんが、睡眠時間が肌と大きな関わりを持っているということは間違いないです。

 

寝不足の状態が続いていると、翌朝は肌にハリがなくなったという経験をした方はいらっしゃるかもしれませんが、これと同じように背中ニキビの原因ともなります。

 

そもそも、自律神経の働きを整えるためには健やかな睡眠が重要となっており、交感神経と副交感神経をスムーズに切り替えるためには、睡眠時間を確保しなければならないのです。

 

特に、睡眠中は副交感神経が活発に働くようになり、寝ている時に新陳代謝が活発になって肌が回復していくという特徴があるため、寝不足の状態が続くと肌細胞のターンオーバーが遅れて、背中ニキビといった肌トラブルに悩まされるようになります。

 

それに、寝不足が肌に悪いと言われている大きな原因として、肌の血行が悪くなるという理由もあり、必要な栄養素が肌に行き渡りにくくなってしまうのです。

 

背中ニキビを治すためには食生活の改善も必要ですが、ビタミンやミネラルといった栄養素をきちんと摂取していたとしても、寝不足でそれらの栄養素が肌に行き渡らなければ全く意味がありません。

 

昼夜逆転の生活や、夜更かしが続いているという方は多く、平均睡眠時間が4〜5時間という方もいらっしゃいますが、寝不足の状態が続けば続くほど背中ニキビに悩まされやすくなるので注意が必要です。

 

とは言え、既に背中ニキビが肌にできているという場合、睡眠不足を改善しても変化が表れないことが多いので、当サイトでご紹介しているジュエルレインの使用がおすすめとなっております。

 

背中のボツボツや赤みに効き目があるジェルであり、肌の乾燥を防ぐという効果も期待できる素晴らしい化粧品なので、背中ニキビに悩んでいる方はジュエルレインを使ってみてください。

 

 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 

さて、寝不足が肌に悪影響をもたらすことは上記で説明致しましたが、十分な睡眠時間を取るだけではなく、寝るタイミングにも注意しなければなりません。

 

「いつ寝ても一緒」と考えている方は多くいらっしゃいますが、実は夜の10時から深夜の2時のゴールデンタイムと呼ばれている時間帯に睡眠を取ることで、より再生が活発となります。

 

お仕事で忙しいという方は多く、睡眠時間がこの時間帯に被るような生活は困難かもしれませんが、寝不足を解消して規則正しく睡眠をとるというのが、背中ニキビを予防する一番のスキンケアなのです。

 

 

 

 


「日常生活が原因の背中ニキビ」についてのページ