背中ニキビとコーヒー

 

 

 

背中ニキビとコーヒーについて

日本でも毎日コーヒーを飲んでいる方が多いかもしれませんが、実は背中ニキビができる大きな原因となっております。

 

朝起きて目を覚ますためにコーヒーを飲み、仕事の休憩の際に缶コーヒーを飲むといったように、1日に4〜5杯程度摂取する方も決して少なくはありませんが、コーヒーには大量のカフェインが含まれているのです。

 

カフェインとはアルカロイドの一種であり、美肌の維持に必要な体内のビタミンやミネラルを排出してしまう働きがあるので、背中ニキビが引き起こされやすくなると説明できるでしょう。

 

しかも、コーヒーは刺激物の一つなので、大量に飲みすぎることによって胃が荒れ、その影響で背中ニキビや吹き出物といった肌荒れに悩まされやすくなります。

 

コーヒーだけではなく、色々な食品にカフェインは含まれているため、全く摂取しないようにするのは不可能ですが、背中ニキビが引き起こされる原因となっていることを理解しておかなければなりません。

 

それに、これはインターネットの2chなどで記載されていた噂なのですが、コーヒーを飲みすぎると、だんだんと黒ずんだ「コーヒー肌」に変化していくようです。

 

これが事実かどうかちょっと分かりませんが、肌にとって良くない作用が働くということは間違いないので、できる限り控えた方が良いと言えます。

 

また、キンキンに冷えた飲み物は身体を内側から冷やし、新陳代謝が低下して肌のターンオーバーが乱れるので、背中ニキビの大きな原因となるのです。

 

夏場といった暑い季節になると、冷たい飲み物を一気飲みしたくなりますが、肌トラブルが引き起こされやすくなるため、できる限り温かい飲み物で水分補給を行った方が良いでしょう。

 

とは言え、温かいからといって、コーヒーを飲みすぎるのは逆効果であり、緑茶などにもカフェインが配合されているので、程ほどに摂取していかなければならないのです。

 

一般的に100mlの中に含有されているカフェインの量は、コーヒーで50mg、ココアで35mg、緑茶で30mg、紅茶で20mgであると言われております。

 

このデータを見れば一目瞭然ですが、コーヒーの中には大量のカフェインが配合されていることがお分かり頂けるはずなので、背中ニキビの予防のためにもなるべく避けなければならないのです。

 

コーヒーを飲むのを止めたからといって、直ぐに背中ニキビが治るというわけではないものの、症状が悪化しやすい原因を一つずつ取り除いていくというケアを行うようにしてください。

 

 

 

 


「食べ物が原因の背中ニキビ」についてのページ

背中ニキビとコーヒー
背中ニキビとタバコ