背中ニキビは洗わない方が良い?

 

 

 

背中ニキビは洗わない方が良いの?

「背中ニキビができている時は身体を洗わない方が良いの?」という疑問を抱える方がいらっしゃいます。

 

確かに、背中ニキビができている肌は非常に敏感ですし、洗わない方が刺激が加わらないと考えるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

身体を洗わなければ汗や皮脂といった汚れがどんどん背中に溜まり、以前にも増して毛穴の詰まりは加速されるので、身体を洗わないと背中ニキビや毛穴の黒ずみといったように、様々な肌トラブルが引き起こされてしまうのです。

 

とは言え、汚れを落とすためにゴシゴシと身体を洗えば良いというわけではなく、背中になるべく刺激を加えないということが大事なので、背中の洗い方が背中ニキビの予防に繋がります。

 

正しい洗い方をしなければ症状はどんどん悪化していきますし、背中ニキビを作りやすいコンディションとなって新たなトラブルが生じるので、十分に注意しなければならないというわけです。

 

そこで、ナイロンタオルを使って肌を洗っていると大きな刺激となって肌に良くない影響が引き起こされる可能性があるので、綿などでできた優しい素材のボディタオルで丁寧に洗う必要があります。

 

もちろん、使用する石鹸やボディソープの種類も重要なポイントとなっており、界面活性剤といった刺激成分が含まれていると良くないので、なるべく無添加の製品を使用して洗った方が良いでしょう。

 

しかし、どんなに有効な成分が含まれている製品だとしても、個人の肌質によって合う合わないはあるので、肌に少しでも異常を感じたら直ぐに使用を止め、場合によっては専門医に診せるべきです。

 

このように、正しい洗い方で清潔に保つというのが背中ニキビの予防として大事であり、身体を洗わないと余計に症状が悪化するということを頭に入れておかなければなりません。

 

また、意外と怠りがちな盲点なのですが、身体の洗い方だけではなく、洗う順番もきちんと考慮する必要があります。

 

先に身体を洗ってその後に髪の毛を洗っているという場合、シャンプー剤やリンス剤といった洗浄成分が背中に残る可能性があり、それが原因で背中ニキビができることがあるのです。

 

まあ、お風呂から上がる際に身体全体をシャワーで流していれば全く問題はないものの、その行為を忘れることがあるので、最初に髪の毛を洗ってから身体を洗うようにした方が背中ニキビを予防できます。

 

当たり前に行っているようなケアが実は間違っていたというケースは十分にあり得るので、背中ニキビのない美しい肌を手に入れたいのであれば、一度身体の洗い方などを見直してみてください。

 

 

 

 


「背中ニキビに関する疑問」についてのページ