背中ニキビは遺伝なの?

 

 

 

背中ニキビは遺伝なの?

「背中ニキビは遺伝によって引き起こされるの?」という疑問を抱く方がいらっしゃいます。

 

基本的に背中を不潔に保っていたり、日々の不規則な生活が原因で背中ニキビが引き起こされることが多いものの、遺伝による影響も少なからずあるのです。

 

人によって「肌が乾燥しやすい」というように肌質に違いがあるように、皮脂の分泌量も違いが生じており、これが遺伝によって盛んな体質ですと、毛穴の中に詰まりやすいため背中ニキビができる確率は上がります。

 

脂性肌タイプの方はそれだけ肌の表面が脂っぽくなるため、背中ニキビができやすいものの、同じ脂性肌タイプだとしても背中ニキビのできやすさは異なり、遺伝が大きく関係しているのです。

 

皮脂腺の分布や量も遺伝によって大きな影響を受ける可能性があるので、遺伝で背中ニキビができやすい体質の方がいらっしゃるということがお分かり頂けるでしょう。

 

更に、背中ニキビは毎日の生活習慣だけではなく、ホルモンの分泌量にも大きな影響を受けるという特徴があり、男性ホルモンの量が元々多い方は皮脂の分泌量も多くなるので背中ニキビができやすくなります。

 

ホルモンの分泌量は遺伝による影響を大きく受けるので、女性でも男性ホルモンの分泌量が多い方は背中ニキビに悩まされやすくなるというわけです。

 

遺伝によって背中ニキビができやすい方は、どのように対処すれば良いのか分からなくなるかもしれませんが、このサイトでご紹介しているジュエルレインを使えば症状を和らげられます。

 

どんな原因で引き起こされたとしても、ジュエルレインで悪化を食い止められるかもしれないので、毎日の生活に取り入れてみてください。

 

 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 

さて、上記で説明したように遺伝によって皮脂の分泌量が異なるので、オイリー肌の方ほど背中ニキビに悩まされやすくなるものの、思春期の場合は多くの方がオイリー肌となります。

 

これは遺伝による影響ではなく、成長ホルモンのバランス乱れが大きな原因で、皮脂の分泌が盛んになるのにも関わらず、皮脂の出口である毛穴の発達が追いついていないため、毛穴詰まりを引き起こして背中ニキビができるという仕組みです。

 

もちろん、思春期ニキビの場合は背中よりも、おでこや頬といった顔にニキビができやすいかもしれません。

 

個人の体質は遺伝によるものなので、背中ニキビができやすいのは仕方ないものの、食生活の乱れや睡眠不足といった不規則な生活を改めていれば、十分に予防は可能です。

 

 

 

 


「背中ニキビに関する疑問」についてのページ