背中ニキビをつぶすとどうなる?

 

 

 

背中ニキビをつぶすとどうなるの?

背中ニキビをつぶすと治りが早いと言われているので、実際に試したという方はいらっしゃるかもしれませんが、これは大変危険です。

 

皮膚科では背中ニキビをつぶす方法が行われているので、自分でも処置できるのではないかと考えて試す方が多いのですが、間違った潰し方を行っていると一生消えないニキビ跡となって肌に残る可能性があります。

 

一般的に、炎症や化膿を引き起こしている赤ニキビや黄ニキビではなく、表面が白っぽくなっている状態であれば、つぶすことで中の芯を取り除き、きちんと殺菌消毒を行うことで治りが早くなるのです。

 

インターネットでは、自分でニキビをつぶす方法が紹介されているので、試してみたくなる気持ちは大いに分かりますが、背中ニキビは自分の目で確認できないので、失敗してしまうかもしれません。

 

それに、清潔に保たれた器具で処置を施すのであればまだしも、そのまま手で背中ニキビをつぶすと、手には計り知れないほどの雑菌が付着しているので、傷口からその雑菌が侵入し、症状が悪化します。

 

背中ニキビができているということは、元々肌のバリア機能が弱まっている証拠であり、そのような患部を雑菌の付いた手で触れるわけですから、炎症や化膿が引き起こされやすくなるということはお分かり頂けるでしょう。

 

そのため、背中ニキビをつぶすのではなく、このサイトでご紹介しているジュエルレインを使い、安全に治すことをおすすめします。

 

ジュエルレインが肌に合わないという可能性はゼロではないものの、危険な成分が配合されているような化粧品ではないので、一度使ってみてください。

 

 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 

さて、上記では清潔に保たれた器具で背中ニキビをつぶすのであればまだ良いと記載しましたが、それでもやはり自分で処置を施すのはおすすめできません。

 

皮膚科でも使われているコメドプッシャーを使ってつぶす方法がインターネットで紹介されており、通販で気軽に購入できることは間違いないものの、症状が悪化するというリスクを考えれば止めた方が良いということはお分かり頂けるはずです。

 

仮に、清潔な器具でつぶしたとしても、毛穴の内部が空洞になることには変わりなく、手で直接触れなくても外部から何らかの形で汚れが入り込むことはあります。

 

間違った背中ニキビの潰し方を行うと治りにくくなるだけではなく、凸凹の背中ニキビ跡に進展するというリスクが生じるので、誰かの手を借りるとしても絶対に試さないでください。

 

 

 

 


「背中ニキビに関する疑問」についてのページ