背中ニキビと乳液

 

 

 

背中ニキビと乳液について

背中ニキビを治すために乳液を使用しているという方はいらっしゃるかもしれませんが、顔専用の製品をそのまま付けたとしても大きな効果が得られない場合があります。

 

そもそも、乳液は肌に与えた水分が蒸発しないように蓋をする役割があり、スキンケアの基本は化粧水→乳液→保湿クリームという順番なのです。

 

肌が乾燥することで背中ニキビが生じる可能性があるということで、化粧水を使って肌に潤いを与えている方がいらっしゃいますが、これだけでは肌に与えた水分が逃げてしまうので全く意味がありません。

 

そこで乳液の出番で、肌に与えた水分を逃さずに蓋をしてくれるので、しっかりと保湿を行ってくれるというわけです。

 

そのため、背中ニキビのケアとして乳液が優れていると言いたいところですが、乳液には油成分が多く配合されており、それが毛穴を塞ぐことで症状の悪化に繋がる可能性があります。

 

特に、思春期ニキビには乳液を使わない方が良いと言われており、この時期にできるニキビは成長ホルモンのバランス崩れにより、皮脂の量が過剰になることが原因なので、乳液の油分と合わさって余計に肌が脂っぽくなるというわけです。

 

もちろん、オイリー肌で悩まされているという方も同じで、油分は既に足りているでしょうから、乳液はできる限り使用せずにスキンケアを行った方が良いでしょう。

 

このように、背中ニキビに限った話ではないものの、ニキビの改善には乳液は不適切なので、このサイトでご紹介しているジュエルレインをおすすめします。

 

ジュエルレインは特に油分が多く配合されているわけではありませんし、肌を保湿する成分がたっぷりと含まれた美容ジェルなので、是非一度使ってみてください。

 

 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 

さて、油分が多く含まれている乳液の使用は、背中ニキビのケアにはそこまで適しておりませんが、現在では補った水分を保つ保水力に拘った製品が販売されております。

 

それに、オイルカットの乳液も販売されているので、そのような製品を選んで肌の保湿を行えば、背中ニキビの症状が悪化するということはありません。

 

特に、乾燥肌の方は肌の水分が足りてないことで背中ニキビが引き起こされていると説明できるので、化粧水やローションで与えた水分を逃さないためにも、乳液の使用は必須であると言えます。

 

このように、普段当たり前のように行っているスキンケアによって、背中ニキビの状態が悪化しているケースは少なくないので、一度見直してみた方が良いでしょう。

 

 

 

 


「背中ニキビをグッズで治す」についてのページ