背中ニキビとクレアラシル

 

 

 

背中ニキビとクレアラシルについて

クレアラシルはニキビ治療薬の一つで、背中ニキビだけではなく、顔やお尻といったように様々な部位に使用できる塗り薬の一つとなっております。

 

一昔前は、市販で販売されているニキビの治療薬はクレアラシルしかなかったというほどで、テレビのCMで紹介されている時代もありました。

 

かなり有名な製品となっているので、実際にクレアラシルを使ったことがあるという方は多くいらっしゃるかもしれません。

 

なぜ、クレアラシルが背中ニキビに対して効き目があるかと言うと、含まれているイオウの作用によって角質を軟化させ皮脂の分泌を抑制してくれるからです。

 

背中ニキビに限った話ではないものの、脂性肌の方は毛穴の中に詰まった皮脂が原因で肌トラブルが生じてしまうので、クレアラシルを塗って肌を乾燥させ、殺菌作用のある成分でアクネ菌などを殺菌してくれます。

 

それに、消炎作用も期待できる薬となっているので、赤く腫れ上がった背中ニキビに対しても効果があり、症状の悪化を食い止めてくれるというわけです。

 

具体的に説明すると、抗炎症作用が期待できるグリチルリチン酸リカニウム、殺菌作用が期待できるレゾルシン、皮脂を抑制する作用が期待できるフルーツ酸といった成分が含まれております。

 

皮膚科でクレアラシルが処方されることもあり、背中ニキビを治すために効果的な薬であると言えますが、副作用というリスクも生じるので、安全に治したいのであればジュエルレインを使用するべきです。

 

ジュエルレインは医薬品ではなく、安全な成分が含まれている化粧品となっているので、毎日の生活に取り入れてみてください。

 

 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 

さて、クレアラシルの中には肌の再生を促すピーリング作用があるレゾルシンと呼ばれる成分が含まれており、この成分の効果によって皮膚に残されている無駄な角質を除去し、背中ニキビを改善できます。

 

しかし、レゾルシンは刺激が強い成分となっており、敏感肌の方は逆に肌の炎症が加速される可能性があるので、十分に注意しなければなりません。

 

伸びやすく馴染みやすく、そして柔らかいタイプのニキビ対策クリームなので、使用感は抜群なものの、人によっては湿疹やかぶれといったトラブルが引き起こされるかもしれないので、自分勝手な判断での使用は危険です。

 

クレアラシルは市販でも販売されているので、気軽に手に入れることが可能なものの、副作用のリスクを避けるためにも、医師の指示に従って使っていくようにしてください。

 

 

 

 


「背中ニキビに効く薬」についてのページ