背中ニキビとダラシン

 

 

 

背中ニキビとダラシンについて

ダラシンは背中ニキビや顔にできるニキビに効き目がある内服薬の一つとなっており、皮膚科で処方される場合があります。

 

ダラシンはクリンダマイシンとも呼ばれており、背中ニキビの感染症であるブドウ球菌やレンサ球菌といったグラム陽性菌に対して殺菌作用を示し、症状を緩和してくれるという効果があるのです。

 

それに、背中ニキビの炎症の大きな原因であるアクネ菌の繁殖を防ぎ、症状の悪化を食い止めるという作用もあるので、試してみる価値は大いにあるかもしれません。

 

ダラシンは抗生物質の一種であり、100%炎症を防ぐための薬となっており、医師の指示の下、用法と用量を守って服用していれば、背中ニキビの症状を抑えることができます。

 

初期症状である白ニキビの場合、そこまで重い状態ではないので薬を服用しなくても自然と治るケースは十分にあるものの、赤ニキビになると治療が一気に難しくなるのです。

 

特に、背中は満遍なく赤ニキビが転移する傾向にあり、そのまま放置しておくとニキビ跡となって治りにくくなる可能性が非常に高いので、そのような状態を防ぐためにもリンコマイシン系の抗生物質であるダラシンの使用は適しております。

 

とは言え、症状が軽ければダラシンを使う必要は全くなく、このサイトでご紹介しているジュエルレインで背中ニキビの悪化を防ぐことは十分にできるでしょう。

 

ジュエルレインは背中ニキビの治療と予防に優れており、1日に2回塗布するという簡単な手順でケアできるので、毎日の化粧品として使用してみてください。

 

 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 

さて、皮膚科で処方されることが多いダラシンですが、薬ということには変わりないので、何らかの副作用が生じる可能性があります。

 

薬を処方してもらう時に、専門医から詳しく説明がなされると思われますが、腹痛や下痢といった腸内環境の悪化、食欲不振や肌のヒリヒリ感といった症状が表れる場合があるのです。

 

また、場合によっては骨髄障害や腎不全症といった過敏症が引き起こされることもあり、大きなリスクがあるということには間違いないので、十分に注意して服用していかなければなりません。

 

これはダラシンの服用に限った話ではありませんが、薬を服用するという場合、好転反応として不快な症状が引き起こされることがあります。

 

しかし、自分の判断で使用を中止すると、背中ニキビをきちんと治せなくなるので、医師の指示に従って一定期間の間服用していかなければならないのです。

 

 

 

 


「背中ニキビに効く薬」についてのページ