背中ニキビと抗生物質

 

 

 

背中ニキビと抗生物質について

一般的な皮膚科であれば、背中ニキビを治すために受診して直ぐに治療が始められるというわけではなく、事前にカウンセリングなどをしっかりと行い、個人の症状を確認してから抗生物質などが処方されます。

 

ケミカルピーリングやレーザー治療など専門的な施術を受けたいというのであれば、あらかじめ伝えておく必要がありますが、これらの施術は保険外治療となっているので、専門医から積極的に勧められるということはないのです。

 

そこで、背中ニキビを治すためには抗生物質の服用が一般的で、細菌の増殖を防いで背中ニキビの症状が悪化しないように防いでくれる薬であると説明できます。

 

意外と勘違いしている方が多くいらっしゃいますが、抗生物質と呼ばれる薬の種類が存在するのではなく、飲み薬の「ミノマイシン」「ビブラマイシン」、塗り薬の「ダラシンTゲル」「ディフェリン」といったように、様々な種類があるのです。

 

どれが自分の背中ニキビの症状に適しているかは分からないので、専門医の診断を受け、その後に処方してもらわなければ抗生物質を服用する意味が全くありません。

 

「抗生物質は皮膚への刺激が強い」「抗生物質は依存する可能性がある」と言われておりますが、良い薬になるのか悪い薬になるのか、それは使い方によって大きく変わってきます。

 

基本的に背中ニキビの大きな原因であるアクネ菌の異常繁殖を抑えたり、炎症を抑えたりといった効果が期待できるものの、抗生物質の種類によって強さが大きく異なるので、その違いは専門医にしか分からないというわけです。

 

個人の体質に合っていなければ背中ニキビを抗生物質で治すことはできませんし、間違った服用を続けていると症状の悪化に繋がるので、十分に注意しなければならないと言えるでしょう。

 

抗生物質の多くは副作用があり、それを理解しないで服用していると、だんだんと私たちの身体の中に耐性ができて、薬の効果が実感できなくなる可能性が非常に高いので、用法や用量、そして服用のタイミングを医師に尋ねなければならないというわけです。

 

上記で背中ニキビの治療として一般的に使用されている抗生物質について軽くご紹介しましたが、必ずしも効き目があるわけではないということを頭に入れておかなければなりません。

 

それに、薬ばかりに頼るのではなく、背中ニキビを治すために、食生活を改善したり、肌を清潔に保つという生活習慣の改善も同時に試みるようにしてください。

 

 

 

 


「背中ニキビに効く薬」についてのページ