背中ニキビとトレチノイン

 

 

 

背中ニキビとトレチノインについて

トレチノインは背中ニキビの治療薬の中に含まれている成分の一つで、アメリカでは1980年代から使われておりました。

 

日本でも現在ではトレチノインが使われており、思春期ニキビから大人ニキビまで、幅広い年代の方が使用できるというところが大きな特徴となっております。

 

実際に、トレチノインが配合された薬を使ったことにより、背中のザラザラが改善されたり、赤みが引いたりといったように、様々な効果が期待できるのです。

 

トレチノインの効能として、「過剰な皮脂の分泌を抑えられる」「角質や角栓を落とせる」ということが挙げられ、背中ニキビの原因を排除できます。

 

それに加え、古くなった角質を落とすピーリング作用や、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促進できるという作用も持ち合わせている、非常に優れた成分であると言えるでしょう。

 

特に、オイリー肌で悩まされているという方は、皮脂が分泌されてそこに細菌が繁殖し、炎症を引き起こして背中ニキビができるといったように、負のスパイラルから抜け出せなくなります。

 

そこで、トレチノインの作用によって皮脂の分泌を抑え、同時に肌のハリを取り戻してくれるので、みずみずしい肌を維持できるようになるというわけです。

 

特に大きな副作用は確認されていないものの、皮膚が剥けるといった症状に悩まされる場合があるので、不安な方はこのサイトでご紹介しているジュエルレインの方が良いかもしれません。

 

ジュエルレインは肌に直接塗るタイプの美容ジェルとなっており、背中ニキビを治すために作られた安全な化粧品なので、一度試してみてください。

 

 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 

さて、背中ニキビの対策として優れているトレチノインですが、この成分が配合された薬を顔に使用すると副作用が出やすいという特徴があるので注意が必要です。

 

また、背中に塗るという場合も、服が汚くなるというデメリットがあり、洗濯を行えば落ちる可能性は十分にあるものの、色が変色することがあります。

 

そのため、トレチノインを使用するという場合、それ専用のパジャマやシャツを使った方が良いでしょう。

 

その他の注意点は特にありませんが、炎症と化膿を繰り返した赤ニキビの場合、あまり効き目が見られない場合があるので、不安な方は専門医の方に相談するべきです。

 

ニキビの初期段階である白ニキビや黒ニキビであれば、トレチノインが大きな効果を発揮するかもしれないので、試す価値は大いにあります。

 

 

 

 


「背中ニキビに効く薬」についてのページ