背中ニキビとどくだみ

 

 

 

背中ニキビとどくだみについて

以前からすり傷や切り傷の治療として使われていたどくだみですが、背中ニキビの対策としても優れていると言われております。

 

どくだみはドクダミ科の植物で、東南アジアに広く分布しているという特徴があり、漢方薬としても利用されていることがあるので、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

このエキスが配合された化粧品なども販売しており、お茶として摂取しても、背中ニキビの予防に効き目があると言われているのです。

 

どくだみは強い抗菌力を持ち合わせており、体外の毒素や老廃物を排出するというデトックス効果も期待できます。

 

体内に不要なものが残されていると、背中ニキビだけではなく、健康面でも様々な悪影響が引き起こされるので、どくだみ茶を飲んできちんと体外に排出した方が良いということがお分かり頂けるはずです。

 

強烈な臭いを持つということで、どくだみは「どくもち」とも呼ばれており、中にはどくだみ茶が苦いということで飲めない方がいらっしゃるかもしれませんが、美容面と健康面において大きな効果を発揮することは間違いありません。

 

もちろん、どくだみ茶を飲んでいるだけでは、完全に背中ニキビを治すのは難しいので、このサイトでご紹介しているジュエルレインが非常に効果的となっております。

 

1日に2回のケアを行うだけで、しつこいニキビをだんだんと薄くし、肌の状態を整えながら美しく保ってくれる素晴らしいジェルなので、一度試してみてください。

 

 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 

さて、一般的にどくだみは健康茶として飲まれるというケースが多くなっているものの、自分で化粧水を作り、それを塗布することで背中ニキビが治ると言われております。

 

その液体の作り方として、まずはお好きなビンを用意し、その中にどくだみを3分の1程度入れ、焼酎を9分目くらいまで注ぎましょう。

 

冷暗所で保管しなければならないのですが、1日に1回ビンを振るというのが大きなポイントで、2週間程度放置することによってどくだみを使った化粧水が完成です。

 

そして、背中ニキビができている患部に、スプレーのボトルに入れ替えたどくだみ化粧水を拭き掛けたり、絆創膏にしみ込ませて貼ることで、だんだんとニキビの状態が良くなっていきます。

 

アルコールアレルギーの方が使用すると思わぬトラブルが引き起こされる可能性があるので、十分に注意しなければなりませんが、自宅で簡単に作れるので試してみる価値は大いにあるかもしれません。

 

 

 

 


「背中ニキビに効く飲み物」についてのページ