背中ニキビと炎症

 

 

 

背中ニキビと炎症について

椅子の背もたれが当たったり、衣服と擦れることで痛みが引き起こされる場合がありますが、これは背中ニキビが炎症を引き起こしているからです。

 

炎症が引き起こされている状態は赤ニキビと呼ばれる段階で、背中ニキビの初期症状である白ニキビであれば、改善にそこまで時間は掛かりませんし、自然となくなっているというケースも十分にあり得ます。

 

しかし、健康な肌であれば毛穴に皮脂や汚れが詰まったとしても、ターンオーバーの過程で自然に解消されますが、様々な理由で肌に異常が生じているとアクネ菌が猛烈な勢いで繁殖し、目に見える形で炎症が生じるのです。

 

背中ニキビが炎症を引き起こしていると、赤く腫れ上がることが多いので、上記で説明したように指で触れたり衣服との接触によって、痛みが生じる場合があります。

 

それに炎症が繰り返し引き起こされていると背中全体にシミが発生する場合もあり、ケロイドという凸凹のニキビ跡が生じる可能性も十分にあるので、直ぐにでも対処を行わなければなりません。

 

炎症した状態では、皮膚の常在菌であるアクネ菌や黄色ブドウ球菌が異常に増殖しており、自己ケアでは難しい場合もあるので、皮膚科を受診して専門医に診せた方が良いです。

 

このサイトでご紹介しているジュエルレインで背中ニキビの改善は可能ですし、肌の潤いを保つこともできるので、肌を健やかに保ちたいと思っているのであれば試す価値は大いにあります。

 

ただし、炎症を引き起こした背中ニキビにはあまり効き目がないかもしれないので、ジュエルレインを使って変化が見られなければ、病院で症状を診てもらうようにしてください。

 

 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 

さて、背中ニキビが炎症を引き起こす理由は幾つかあり、一概には説明できないものの、一般的にシャンプー剤や石鹸による影響が強いと言われております。

 

このようなスキンケア用品に含まれている成分が自分の肌に合っていないと、炎症が引き起こされることがあり、シャンプー剤は関係ないと考えるかもしれませんが、髪の毛を洗った際の洗浄成分が背中に流れ落ちるので注意が必要です。

 

そのため、なるべく無添加のシャンプー剤を使用するように心掛け、身体を洗う際の石鹸も保湿成分が多く配合されているものを選びましょう。

 

特に、秋から冬に掛けての季節は肌が乾燥しやすく、乾燥肌の方はより症状が悪化して背中ニキビもできやすくなるので、肌に潤いを与えるというケアを重点的に行うようにしてください。

 

 

 

 


「背中ニキビの症状」についてのページ