背中ニキビと角栓

 

 

 

背中ニキビと角栓について

角栓とは鼻の周りや背中といったように、皮脂腺の活動が活発な場所に生じる小さな突起物のことを指し、余分な皮脂や古い角質が毛穴の中に詰まった状態を指します。

 

この角栓はニキビ予備軍と呼ばれており、背中ニキビが発生する一歩前の状態で、脂分が詰まっているので白っぽく見えるという特徴があるのです。

 

鼻の周りに角栓が多いと言われているものの、背中も皆さんが考える以上に皮脂腺が活発に働いているので、角栓が原因で背中ニキビができることがあります。

 

角栓が発生する原因は、背中に限った話ではないものの、皮脂や汚れが毛穴に詰まったままとなっていることで、脂肪の塊をそのまま放置していると危険です。

 

また、背中ニキビのケアを念入りに行おうとして、大量の石鹸を使っているとその成分が毛穴の中に詰まり、角栓ができることもあるので十分に注意しなければなりません。

 

とは言え、角栓を除去するためには吸着性のある泡で丁寧に洗う必要があり、背中ニキビの炎症にまで発展させないためには、清潔さを保たなければならないのです。

 

しかし、その石鹸の成分が仇となる可能性は十分にあるので、適当に製品を選ぶのではなく、できる限り背中ニキビケア専用の製品を使って身体を洗うのが良いでしょう。

 

このサイトでは背中ニキビを治すジュエルレインをご紹介しており、角栓の発生を抑えるという効果も期待できます。

 

ジュエルレインであれば、どんな時でも堂々と見せられる背中の維持が可能となっており、毎日のケアとして最適な化粧品なので、一度使ってみてください。

 

 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 

さて、角栓が発生し、それを放置して毛穴に皮脂や汚れが詰まると背中ニキビに進展するため、角栓を発生させないようなケアが、背中ニキビの予防に繋がると説明できます。

 

皮膚科を受診すると薬が処方されることがありますが、何が何でも薬に頼れば良いというわけではなく、肌へのダメージが強いという方は太い角栓の状態になっていることが多いので、薬でも排出できるわけではないのです。

 

それに、ボディスクラブや毛穴パックといったアイテムを使用し、無理に角栓を取り除いて背中ニキビの予防を行っている方がいらっしゃいますが、これはあまりおすすめできる方法ではありません。

 

中には、ピンセットを使って角栓を取り出しているという方もおりますが、ボコっと穴があいたところに更に皮脂が詰まり、背中ニキビの大きな原因となるのです。

 

それに、肌にできる限りダメージを与えないということを一番に考えなければならないので、刺激の強い方法はできる限り避けてください。

 

 

 

 


「背中ニキビの症状」についてのページ