背中ニキビの種類

 

 

 

背中ニキビの種類について

背中ニキビも顔にできるニキビと同じように色々な種類があり、それぞれ症状が異なるとともに、治し方も微妙に違いが生じております。

 

基本的に肌に潤いを与え、汚れが肌に残らないようなケアを行うのが一般的な背中ニキビへの対処方法なのですが、その種類によっては症状が進行しており、上手く改善できない場合があるので注意が必要です。

 

まず、背中ニキビの第一段階に当たるのが初期症状の白ニキビで、過剰に分泌された皮脂や汚れが毛穴に詰まることで引き起こされ、白い膨らみが肌に引き起こされた状態を指します。

 

この白ニキビをつぶすと白い物体が出てくることがあり、この芯を自分で取り除こうとしている方がいらっしゃいますが、炎症が加速される可能性がありますし、治りにくい背中ニキビへと変化するかもしれないので、あまりおすすめできません。

 

この白ニキビに詰まっている皮脂や汚れが空気に触れて酸化すると、だんだんと黒くなって黒ニキビと呼ばれる状態となります。

 

黒ニキビが進行することによって、毛穴が開くという特徴があり、本来であれば剥がれ落ちるはずの角質も詰まり、症状が一気に進行する可能性が高く、背中ニキビもこのような状態となる可能性があるのです。

 

それに、黒ニキビが進行することによって、色素沈着といったトラブルが引き起こされることも十分にあり得るので、自宅ケアで対処できないという場合は、医療機関への受診を考えた方が良いでしょう。

 

とは言え、このサイトでご紹介しているジュエルレインであれば、症状が進行した黒ニキビの状態でも改善は可能です。

 

背中ニキビ専用の美容ジェルとなっており、肌を健やかな状態で保てるようになるので、症状が悪化する前にジュエルレインでスキンケアを行うようにしてください。

 

 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 

さて、黒ニキビの状態でアクネ菌が更に繁殖し、毛穴の奥にまで入り込んでいくと炎症が始まって赤ニキビへと変化していきます。

 

顔のニキビだけではなく、背中ニキビも赤ニキビまで症状が悪化することがあり、詰まった皮脂や角質が膿となって、激しいかゆみに悩まされるということも少なくありません。

 

それに、赤く腫れた状態が数日間に渡って続くというケースもあり、クレータータイプのニキビ跡となる場合も十分にあるので、早めに専門の医師に相談するべきです。

 

絶対に改善できないというわけではないものの、治りにくいということには変わりないので、白ニキビや黒ニキビの段階で症状を食い止めるようにしましょう。

 

 

 

 


「その他」についてのページ