背中ニキビとミョウバン

 

 

 

背中ニキビとミョウバンについて

ミョウバンとは、膨張剤や保色剤として使われる食品添加物のことを指しており、これが背中ニキビの対策として優れていると言われております。

 

ミョウバンは簡単に説明するとカリウムやアンモニウムといった金属が結ばれた複合塩のことで、収斂作用や殺菌作用、制汗作用といった効果があるのです。

 

このミョウバンを水に溶かして肌に吹きかけることにより、肌を清潔に保ち、アクネ菌の繁殖を抑えて背中ニキビの予防が可能となります。

 

それに、過剰な皮脂の分泌を抑えるという作用も持ち合わせているので、毛穴の中に詰まるのを防いでくれるというわけです。

 

スプレーとしてミョウバン水を背中に吹きかけられるのが大きなメリットで、直接塗るタイプの化粧品ですと一人でケアするのが困難ですが、ミョウバン水であれば人に頼らずに背中ニキビを治していくことができるでしょう。

 

もちろん、背中ニキビの原因は一つではなく、決め手となる解決方法や特効薬があるわけではありませんが、健やかな肌を保ちたいと考えているのであれば、色々な対策方法を行わなければならないのです。

 

ミョウバン水で絶対に背中ニキビが治るというわけではないものの、効果の高いアイテムであることには間違いないので、試す価値は大いにあります。

 

また、このサイトでご紹介しているジュエルレインも優れたケア用品の一つとなっており、肌に潤いを与えながら背中ニキビを治していくことができるのです。

 

お一つ4,980円と格安の料金となっているところも評価できるポイントの一つであり、ジェルの伸びが良いので長持ちすることは間違いありません。

 

背中ニキビの治し方で困っているという方は、一度使用してみてください。

 

 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 

さて、ミョウバン水の作り方には幾つかの方法があるものの、このページでは一般的な作り方について説明していきます。

 

まずは、飲料用の500mlのペットボトルとミョウバンを用意します。ミョウバンは大きなスーパーやドラッグストアであれば気軽に入手が可能で、30g〜50gで100円程度と低コストで手に入れられるところが大きなメリットです。

 

そして、水道水500mlと15g〜20g程度のミョウバンを目安として原液を作り、良くシェイクしてかき混ぜてから冷蔵庫で2〜3日程度置きましょう。

 

このままミョウバン水を肌に吹きかけている方がおりますが、刺激が強すぎますし背中ニキビの症状が悪化する可能性も十分にあるので、更に自分の肌の状態に合わせて10倍〜20倍に薄めて使用するべきです。

 

ミョウバン水は冷蔵保存で1ヶ月以上もちますし、原液でも1年以上もつので自宅ケアとして優れておりますが、少しでも肌に異常が引き起こされたら直ぐに使用を中止してください。

 

 

 

 


「背中ニキビの対策」についてのページ