背中ニキビと重曹

 

 

 

背中ニキビと重曹について

背中ニキビを治す方法として入浴剤の使用が適しており、身体を温めて毛穴を開かせるとともに、肌を保湿させる入浴剤を使えば、肌の潤いを保ちながら毛穴の中に詰まった汚れを取り除けます。

 

他にも生活習慣の改善などと一緒に併用して背中ニキビの対策を行わなければならないものの、入浴剤の使用は効果が高くその際に重曹を使うと良いとインターネットで話題になっているのです。

 

キッチンの汚れを落とす際に重曹を使うことが多く、主婦の方から評価の高いアイテムで、炭酸水素ナトリウムでできております。

 

なぜ重曹が背中ニキビの対策になるかというと、この炭酸水素ナトリウムが余分な皮脂や汚れを毛穴から除去し、綺麗な美肌を保てるようになるからです。

 

中には、重曹を直接肌にすり込んで背中ニキビを治そうとしている方がいらっしゃいますが、幾らかの研磨作用があり肌が大きく刺激を受ける可能性があるので、入浴剤として使うのが一番適しているでしょう。

 

それに、お風呂に入れることで水が柔らかくなり、保湿効果も持ち合わせている物質なので、背中ニキビを治してツルツルの肌を手に入れることができます。

 

しかし、口コミでは重曹を入浴剤として使ったことで、肌が余計に乾燥したという意見もあるので、乾燥肌や敏感肌で悩まされているという方は、このサイトでご紹介しているジュエルレインの方が最適です。

 

この美容ジェルは、肌が弱い方でも安心して使用できる化粧品で、背中ニキビを治すとともに肌に潤いを与えられるので、是非一度使ってみてください。

 

 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 

さて、重曹を入浴剤として使って背中ニキビを治す場合は、幾らかの弊害もあるため、自分の肌の状態を良くチェックしてから行う必要があります。

 

その方法は色々とあるので一概には説明できませんが、まずは湯船の中に50gの重曹を溶かしていきましょう。

 

溶かす際は手でゆっくりとかき混ぜながら行うのがポイントで、敏感肌や乾燥肌で悩まされているという方は、10gから少しずつ量を増やして自分の肌に適した量を把握した方が良いです。

 

ただ、お風呂の中に入っているだけでも皮脂を分解して背中ニキビを予防してくれますが、身体が温まったと感じたら背中を軽く擦るようにマッサージをしていきます。

 

そして、湯船から上がったらシャワーで肌についた成分をきちんと落とし、身体を擦るのではなく水分を押さえるようにタオルドライすれば完了です。

 

以上のように、重曹を使った入浴剤は背中ニキビに効き目があるだけではなく、自宅で気軽に試せるというメリットがあるので、背中ニキビを治す方法が分からない方は是非取り入れてみてください。

 

 

 

 


「背中ニキビの対策」についてのページ