背中ニキビとパック

 

 

 

背中ニキビとパックについて

背中ニキビを治すに当たり、パックを使ってケアを行うのが効果的だと言われております。

 

パックの方法にはたくさんの種類があり、独自の方法でスキンケアを行っているという方も多く、自分の肌の状態に適したパックを行うことで、背中ニキビを少しずつ治していけるはずです。

 

そこで、このページではどのようなパックが背中ニキビ対策として適しているのか、詳しく説明しているのでチェックしてみてください。


ピーリング石鹸で泡パックをしよう

背中だけピーリング石鹸を使って泡パックを行う方法が優れており、一度身体全体をボディソープで洗って流します。

 

その後に、市販で販売されているピーリング石鹸で良いので、それを十分に泡立ててから背中に乗せ、そのまま5分間程度放置して洗い流すだけです。

 

この泡パックによって背中の角栓ができにくくなり、毛穴の詰まりも解消されるので背中ニキビの改善に適していると言えるでしょう。

 

パックを行った後に背中を軽く触ってみると、ザラ付きがなくなりスベスベとしている感じを味わえるはずです。

 

ただし、ピーリング石鹸は肌質によって合う合わないがあり、敏感肌の方はピリピリと痛む可能性があるので注意しなければなりません。


ローションパックをしよう

ローションパックをして背中ニキビのケアを行うのも一般的な方法で、コットンにローションをたっぷりとしみ込ませ、それを背中に貼って一定時間待つという非常に簡単な手順となっております。

 

背中にローションパックを行う時間は特に規定がないものの、短すぎては意味がありませんし、長すぎるとコットンが乾いて肌の水分がコットンに奪われるため、ちょうど良い時間を見つけなければならないのです。

 

一般的に5分程度がベストだと言われておりますが、もっと長くローションを付けたいという方は、途中でコットンを変えて乾かないように処置を施してください。


ヨーグルトパックを行おう

ヨーグルトパックと聞くと、意外な方法だと感じる方がいらっしゃいますが、ヨーグルトは食べるだけではなく、背中ニキビケアのパックとしても有効です。

 

市販で販売されているプレーンのヨーグルトで良いので、これを背中ニキビが引き起こされている部分に乗せ、10分ほど経ってから洗い流すだけの簡単な方法となっております。

 

ヨーグルトパックは敏感肌の方や妊娠中の方でも気軽に試せるという特徴があり、肌に優しく作用するので一度試してみましょう。

 

 

 

 


「背中ニキビの対策」についてのページ